【例文】一年の締めくくりで使いたい言葉【覚えて使うだけ】

一年の最後の出勤日が終わり、帰宅するときは一年の締めくくりの言葉で目上の人にお礼をするのがマナーです。
しかし、社会経験の浅い人は「どんなことを言えばいいのか」「逆に失礼にならないかな」と悩んでいませんか。
そこで今回は一年の締めくくり言葉の例文を紹介します。
覚えてただ使うだけでよいので迷ったら皆さんも覚えましょう。

スポンサーリンク

一年の締めくくりの言葉一覧表

今回は対面で一年の締めくくりの言葉でお礼をする場合に有効な言葉を紹介します。

初めの一言

  • お忙しい中失礼します。一言だけ年末のご挨拶にお邪魔しました。
  • 年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
  • 今年も残すところあとわずかとなりました。

お礼

  • 今年もたくさんのご指導を承り、ありがとうございました。
  • 本年は○○の件でお世話になり、ありがとうございました。
  • 今年1年間いろいろとお世話になりました。

結びの一言

  • 来年も変わらぬご指導をくださいますようお願いいたします。
  • 来年が幸せな一年でありますようお祈りいたしております。
  • 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

よいお年を

  • 元気な姿でお会い出来ることを楽しみにしています。どうぞよいお年をお迎えください。
  • 良い年末年始をお過ごしください。また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
  • どうぞ、良いお年を。

年末の一年の締めくくりの挨拶で注意すべき点

一年の締めくくり言葉の例文を用意しましたが、注意してほしい点があります。

挨拶する時間は短めに

時間にすれば、15秒~20秒程度が良いでしょう。

挨拶が短すぎると冷たい印象を与えかねないし、長すぎても相手の仕事に影響が出てくる危険もあるのです。

挨拶をする人数が多いとより長い挨拶は避けるべきでしょう。

挨拶する順番は偉い人から

人数が多い場合は、会長→社長→専務→常務→部長→課長→先輩という感じに偉い人から優先的に挨拶をしていきましょう。

ぴぴちゃんぴぴちゃん

役職が上の人の場合他の人からも挨拶を受けるのでタイミングを見計らって挨拶をしましょう。

時には短く済ませるのも良い

先ほど「挨拶は15秒~20秒で」といいましたが相手が忙しい場合は短めに済ませる必要があります。

一年の締めくくり言葉の例文で言うと【結びの言葉】を省いて「年末のご挨拶に参りました。今年一年お世話になりました。よいお年をお迎えください。」

という感じで手短に済ませるのが良いです。

【良いお年を】って年末・年明けどちらに言うのが正解?

年末の挨拶でよく言われる「良いお年を」ですがどちらかというと年末、期間にすると12月20日~12月30日までに言うのが正解です。

なぜ大晦日を除く年末に言うのが正解なのかというと「良いお年を」の意味に理由があります。

昔の人間は、日ごろの買い物を後払いで購入し、その支払いを年末に行っていたようです。
その支払いが無事終わるかどうかが心配でその支払いが終わっても今度は家の大総意を行っていました。

そしてすべて終わると、一年無事に過ごせたことを喜び、健康で年を越せたことを神様に感謝しながら年明けを過ごしたそうです。

この年末に向けて支払いや大掃除を無事に終わらせようということで「大晦日を迎えるまでは大変ですがお互い頑張りましょう。よいお年を迎えられますように」と言っていたそうです。

それが短くなって「良いお年を」という言葉になりました。

つまり、年末の仕事を無事終わらせられるように「良いお年を」と言っていることになります。
大晦日の場合大概はそのやるべきことがすべて終わっているはずなのでそんなときに「これから年末に向けて大変ですが頑張りましょう」というと違和感が残ります。

なので大晦日に言ってはいけないことになります。

スポンサーリンク

【例文】一年の締めくくりで使いたい言葉【覚えて使うだけ】のまとめ

一年の締めくくりの言葉の例文を紹介させていただきました。

気をつけたいところは

  • 挨拶は基本15秒~20秒で
  • 相手が忙しそうなら手短に
  • 偉い人から挨拶をする

の3つです。

「良いお年を」は大晦日を除く年末に挨拶に織り交ぜて使いましょう。