【一週経過】緑茶コーヒーで本当に痩せるのか実践してみる【オリジナルのやり方も解説】

いやこれ完全にゲテもんだって。

とはいえ、これで本当に痩せられるなら、、、

とワラにもすがる思いではじめました、緑茶コーヒーダイエット

開始してから一週間が経過した今回は、現段階での経過と、基本的な緑茶コーヒーダイエットの方法と、私の体質を考慮した方法を紹介します。

スポンサーリンク

一週間の体重、体脂肪率の推移

さて、早速結果から見ていきましょう。

体重と体脂肪率の推移【第一週目】

、、、そんなですね笑

とはいえまだ初めて一週間。

緩やかな減少傾向にも見えますが、おそらく出るものが出たのかと、、笑

後述しますが、かなりの「押し出し力」なんです。

推移は毎週発表しますので、お楽しみ(?)に。

緑茶コーヒーダイエットの一般的なやり方

一般的な方法と、自分のパターンの2つを書いていきます。

一般的な方法(+そもそも緑茶コーヒーダイエットとは)

私が緑茶コーヒーダイエット開始前にリサーチした感じ、このサイトが一番詳しく、わかりやすかったです。

「何が何に効いて」みたいな話は上記の記事で御覧ください、この記事ではやり方にフォーカスして進めていきますね!

方法をざっくりまとめると
  • 緑茶とコーヒーを1:1で混ぜて、ストレートで飲む
  • これを朝昼晩の食前15分前に三回飲む

いやもうじゃん!

みたいな話なんですけど、この方法を編み出した方が医師らしく、なるほど医者っぽいわ、この飲み方。

そしてこの方法、私には体質上合いませんでした。

カフェインに弱い人、大丈夫なん?

まずこれを思いました。

というのも、私実はカフェイン中毒なんです。

あまりカフェインを取りすぎると頭がクラクラしてしまいます。

私が毎日摂取して大丈夫なラインは毎朝一杯のコーヒーと、緑茶500mlまでというのが、色々試した結果です。

すめしすめし

中高大生の頃に飲みすぎた、、、

なので、カフェインの代名詞「コーヒー」と、案外高カフェインなダークホース「緑茶」を混ぜやつ一日3杯なんて「絶対アカンやつやん!!」となるわけです。

がしかし、こちらに気になる記載が。

コーヒーと緑茶をミックスさせれば、コーヒー単独だと多くなりがちなカフェイン含有量が減ります。さらに緑茶の成分の一つ、テアニンにはリラックス効果があるため、コーヒーと混ぜることでカフェインの覚醒作用や緊張作用を緩和させます。

すめしすめし

んなアホなー!

カフェインの含有量が減るって、それ緑茶が入る分コーヒーの総量が減るからか!?

もしその程度ならカフェインにそもそも弱い人には五十歩百歩とちゃうか!?

それに「緑茶に含まれる〜」に至っては、緑茶を普通に夜飲むだけで寝られんなる人もいるんや

コーヒーを混ぜたから言うて、夜もぐっすりというわけやあるまいに!

、、、すみません、「せやろがいおじさん」風に取り乱しました笑

というわけで、緑茶コーヒーダイエットを取り入れようにも、カフェインに敏感な私は少なくとも朝と昼だけにして、晩は控えざるをえません

効果出るんかいな、、、

更に悪いことに、実際試してみると私の体質上昼も飲めない事態になっていることがわかりました。

スポンサーリンク

謎の「どっさり」効果

飲んだ後しばらくは、トイレから出られなくなるんです、、、

飲んだ後、ものの数分でキます。

まあ言ってみれば下痢便気味なわけです(汗)。

原因として考えられるのは、コーヒーの利尿作用と、緑茶の食物繊維

私、もともとどちらにも弱いんですよね、、、

すめしすめし

原因はともあれ、こんなこと昼前にしてたら、毎日昼ご飯を食べそこねてまう!

ということで、朝はともかく昼も飲めません。

朝しか飲めない緑茶コーヒーダイエット、果たして効果があるのか、、、

体質を踏まえた私の緑茶コーヒーダイエット

作り方:使うのはお茶プレッソ

  1. まずコーヒーを200ml、自分で淹れます
  2. 同時並行でお茶プレッソにてお茶を挽きます(一杯分)
  3. コーヒーとお茶の粉をお茶容器へ投入(写真参照)
  4. MCTオイルも少量投入(適当)
  5. コーヒーでお茶を点てます

コーヒーはもちろんレギュラー(水で溶かすやつ)やボトルのでも何でも良いと思いますが、できれば店内で焙煎しているようなちゃんとしたとこで豆を購入することをおすすめします。

そういう店の豆のほうが「カビ毒」の発生が少なく、体にいいんですよ。

これについて詳細にお話すると本旨からそれるので、こちらを御覧ください。

また、上のMCTオイルについてもこの書籍で紹介されています。

ダイエットにかなり強力な味方となるので、ぜひ一読の上お試しください!

飲むのは朝のみ

上記の通り、飲むのは朝起きてすぐです。

そして、朝ごはんはそれで終わり。

朝食を緑茶コーヒーだけにすることで、自然と『16時間断食』ができるのです。

16時間断食についての詳細はこちら↓

緑茶コーヒーを飲んだら、あとはトイレに篭ってしばしスマホタイムです笑

昼飯には普通の食事+単体でお茶プレッソのお茶を飲みます。

お茶単体のほうがお腹への影響がまだ少ないのです。

また、そもそもお茶は「血糖値を上げづらくする」効果や、「油ものの吸収を抑える」効果もあるのですよ。

たとえ緑茶コーヒーが飲めなくても、お茶くらい飲んでおくのはよい手だと思います。

また、夜は特に何も飲んでません笑

水くらい。

ただ昼も夜もゆる糖質制限は意識しています。

とはいえ、ゆる糖質制限はここ数年意識していても、その数年で体重が戻ってしまった現状があるので、これから体重が減るようなことがあれば多分緑茶コーヒーのおかげかと思います笑

また、糖質制限はしていますが夜には繊維を取るために低糖質フルグラを毎日少しづつ食べています。

腸の健康は自分の健康に直結しますし。

こちらのフルグラ、フルグラにあるまじき低糖質さに加えてフルグラ界No.1のタンパク質量食物繊維量誇る最強フルグラです、ぜひ。

なぜ夜かと言うと、日中のパフォーマンスを落とさないためです。

ごはん食べた後って眠たくなるでしょ?

あれって、摂取した糖質が血糖値を上げたり下げたりするから起こるんです。

詳しくはこちらで。

追記(2019年10月)

最近はフルグラではなくミューズリーを常食としています。

詳細はこちらで↓

緑茶コーヒーは糖質制限と相性がいい

私が体質に合わない緑茶コーヒーをここまでして取り入れる理由について、最初なのでお話します。

流行りのダイエットって魑魅魍魎のごときいろいろな手法があって、栄枯盛衰も激しくどのダイエットが正解、というのは正直良くわからないですよね。

経験上その一つが糖質制限の可能性が高いとは思っているのですが、この緑茶コーヒーダイエットは糖質制限とかなり相性いいと考えています。

その理由としては以下のとおりです。

  • そもそも血糖値を上げないのがキモである糖質制限において、食物繊維により更に血糖値が上がりにくくなる効果が期待できる
  • 糖質制限で不足しやすい食物繊維を摂取できる(要お茶プレッソ)

だからこそ、自分の体質が多少あっていなくても無理やりアレンジして生活に取り入れたのです。

スポンサーリンク

一週間行った感想

まず一週間試したところ、リラックス効果が高いのか多少の食欲なら余裕で紛れてるという嬉しい効果を発見しました。

朝:緑茶コーヒー→昼前空腹を感じる→お茶を飲む→空腹が紛れる

の流れです。

朝にコーヒーだけのときよりも昼前のお茶の効きがいい

更に、同様に夕方に小腹がすいてくるタイミングでもお茶で空腹が紛れました。

空腹が紛れると何がいいって、『16時間断食』が苦じゃなくなってくるんです。

コーヒーとお茶を別々に職場に持っていっていた以前よりも空腹に悩まされなくなりました。

すめしすめし

混ぜたほうが良いってホントなのかもしれない

というわけで、緑茶コーヒーダイエット一週目に感じた効果です。

緑茶コーヒーダイエットのここがすごかった
  • 糖質制限との相性抜群
  • 空腹が紛れるのでダイエットの強い味方になる
  • コーヒーと緑茶は一緒に飲んだほうがよさげ

引き続き、経過を報告していきます。

追記

緑茶コーヒーダイエットシリーズはこちら↓