新型iPod(2019年版)の性能は?そもそも必要?購入に際し検討した項目

発売されましたね、新型iPod。

iOSの中では最小サイズかつ最安値の端末ということで、注目されている方も多いのではないでしょうか。

もちろん物欲の化身みたいな私がウズウズと来ないわけがありません。

というわけで、私が購入するにあたって調べたもの、考えたことなどをまとめていきます。


性能は十分すぎない?

新型iPod touchに積まれたSoCはA10

「A10チップかー、2世代前かよー」と購入をためらわれる方もいるかもしれません。

そんなあなたにひとこと言いたい

すめしすめし

性能は十分すぎるぜ!!!

スポンサーリンク

A10チップについて

まずは前世代のA8チップの2倍の性能といわれるA10チップ。

ほとんどのタスクに十分な性能を持っていると自身を持って言えます。

断言できる根拠は私が所有しているiPad Pro 9.7。

私はiPad Pro 9.7を日頃からゲームに画像編集に結構使い倒していますが、実際使ってて普通に快適なのです。

強いて言うならPUBGでフレームレート「ウルトラ」を選べないくらい

そこで画面サイズ差などを考慮すると、A10だったら十分の性能を発揮するはず、と考えているのです。

実際の数字としても見てみましょう。

参考にしたのはこちらのサイト。

A10 FusionのCPUとGPUの性能を歴代Aプロセッサと比較! | IT Strike

A10 Fusionは大きく進化したプロセッサ ChipworksがiPhone 7を分解してロジックボードの解析を行いました。CPUプロセッサの「A10 Fusion」チップを詳しく解析するとTSMCが16nm FinFETプロセスで製造したものであることが明らかになりました。 A10

ここから主要なデータを抜粋すると、

シングルコア マルチコア
iPhone7(A10 Fusion) 3467 5610
iPad Pro 9.7(A9X) 2921 4689
iPhone6(A8(参考)) 1531 2617
すめしすめし

そうかー、わかっていたけどあのうっすいちっさいiPodにiPad Proが負けるのかあ

ていうか、iPodの性能が先代比で倍になったってあながち大げさでもなかったんですね笑

メモリを考える

いや、iPodに関わらずスマートフォンの性能を決めるのはSoCだけではありません。

メモリもかなり大事です。

旧iPodはメモリが1GBでした。

これが新型でも容量キープされているなら、いくらチップが性能良くても台無しですよね。

【2019新型】iPod touch 7《発売日 スペック》

 

あれ、2GBじゃん

我がiPad Pro 9.7と同じ。

もうこれ、スペックでは完全にiPad Pro 9.7の敗北ですな

4.0インチで遊べるゲームなら十分に遊べるはずの性能であることが確定的です。

いわんや、文字を打つ用途やWeb検索とかするくらいなら十分すぎる性能でしょう。

サイズ

手元に保管してあった太古のiPod touch(第4世代)を見ながらイメージを膨らませます。

ちっさ、、!!

最近のスマホが肥大化傾向なことを差し引いても十分小さいです。

とはいえ、新型iPodはもう少し縦長です。

第4世代に合わせてみると、

新型iPodに縦幅を合わせてみた

ふむふむ、、、ちょっと長くなるくらいか、全然問題ないな。

そして第4世代の厚みは

iPodの厚み実測

第4世代の厚みは7mm超えてるわけですが、新型の厚みはなんと6.1mm

すめしすめし

更に薄いのか

この小ささ、薄さは、魅力的すぎる、、、!!!

スポンサーリンク

iPhoneとの違い

ここからは、iPodとiPhoneの違いについて紹介します。

値段が劇安

ROM容量が最小の32GBはなんと21,800円(税別)なのです!

iPhoneだとこうはいきません。

とはいえ、常時オンラインで運用できないことを考えると256GB(43,800)も魅力的ではあり悩ましいですね!

鬼軽い

iPhone XS, iPhone XR と比べてみましょう。

iPhone XS 177(g)
iPhone XR 194(g)
iPod touch 88(g)
すめしすめし

軽すぎやん笑

私の持っている第4世代のiPod touchでも十分に軽く、「性能さえ良ければちょっと持ち歩いたりできるのに、、、」と思っていましたが、それよりも軽量な新型iPod

iPhoneの約半分の重量なんて、もうこれだけで購入に一歩踏み出すに十分でしょう。

電話機能がない

まず電話の機能がありません。

simカードを挿す事もできないので、キャリア回線での通話は完全に諦めましょう

とはいえ、音声通話が全くできない、というわけでもなさそうです。

LineやSkype、Facetimeなどを利用することにより、通話自体は可能です。

ただiPodは通話を目的に作られていないので、相手の音声は全て「スピーカー」から流れることになります

解決方法としては、イヤホンで通話することです。

いまどき珍しいイヤフォンジャックもありますしね。

GPSもない

私、実はこのipodの購入をかなり真面目に考えていたのですが、GPSが無い問題を知りちょっと悩み中です。

こちらによると、

位置情報サービスは利用できますが、接続したことがある近くのWi-Fiからの距離から、「おおよその」位置を表示します。

これってつまり、カーナビ代わりにはできないということです。

そりゃないぜとっつぁあん。

単体での通信不可

上記の通り、simカードを挿すことができないので、単体でのインターネット通信は不可能です。

そのため、外でiPodでインターネットをしようと思うと、

  • スマホでテザリングする
  • ポケットWi-Fiの利用
  • 無料Wi-Fiスポットを探す

のどれかを行う必要があります。

今の私ならとりあえず資金ゼロ、手間ゼロのスマホでテザリングですかね。

ノマド的な働き方をしていたりとかで、外での通信量が多い方ですとポケットWi-Fiが最適解となります。

なお無料Wi-Fiスポットはおすすめしません、危険なので。

その無料Wi-Fi あぶないかもよ?のぞき見ブロック【アバスト セキュアラインVPN】

スポンサーリンク

用途例

次は、iPod touchの用例について考えました。

参考にしたのはこちらのサイトたち。

iPod Touch使用歴3年の僕が語る、ライフスタイルに合わせた使い方

iPhoneとiPod touchの違いとは? スマホを買うべきかの基準

iPodについて用途についてざっと抜き出すと、

  • 記事作成
    • 片手持ちのし安さゆえ、片手のスマホでリサーチした内容をもとにもう片手のiPodで執筆するスタイルが捗るといいます
    • ただ、URLのコピペとかどうするんでしょうね
  • 寝転び操作
    • 軽さと小ささゆえの至高さらしいですが、これは納得
    • 動画再生でも疲れにくそう

加えて私ならどうするか、考えてみました。

  • Alexaやスマート家電コントローラの母艦にする
    • 家の中では通信が無いというビハインドが関係なくなるため、スマホのメモリを開けるためあえてiPodで。
  • ジム・ランニングのお供に
    • その軽さ、小ささを考えると説明不要でしょう
  • 格安の大容量バッテリー搭載Androidを買って、常時テザリングOnにしながらカバンへIN、普段遣いをiPod
    • 電話はAndroidで可能であることなど、iPodのネガが解消されます
    • 電車の中無敵
    • スマホはZenFone Max M1くらいが妥当でしょう
    • 勝手にテザリングがOFFにならないように設定しましょう
    • なお、この方法は現在あなたが使っているスマホ+モバイルバッテリーでも代替可能です

まとめ:小さいは正義

正直、iPodは中途半端な端末かもしれません。

GPSはないし、単体で通信できないし、、、

それでも、この小ささはそれだけで価値があります

家にや会社にいるときだけのネットサーフィン、ちょっとしたゲーム用でも良いじゃないですか。

いや、断捨離が市民権を得たこのご時世です。

値段もサイズも肥大化するiPhoneよりも、シンプルなiPodがいい」という人も徐々に増えてくるかもしれませんよ?