掃除をすることができないのはうつ病のせい?対策を考えていきましょう

そこに人がいるだけで必ず汚れてくる部屋。

もちろんその人が鬱で掃除ができない状態であったとしても容赦なく部屋は汚れていきます。

そこで、うつ病の人でも少しずつ掃除ができる方法について調べてみました。

(※この記事はそこまで深刻でない方を対象にしています。深刻:トイレに自力で行けないレベル)

スポンサーリンク

部屋が片付くと気分も変わる、誰かに手を借りて少しでも掃除してみよう

うつ病になると、疲労感や倦怠感に動悸や息苦しさの症状から掃除をするのは大変な場合も多いでしょう。

調子の良い時にしようと思っても、一度部屋が荒れきってしまうと手が付けられない状態になってたりします。

そんな時はどうしたら良いのか?

私が今回まずおすすめしたいのは『手伝ってもらう』です。

家族や友人、恋人など気心の知れた人にその最初の一歩を押してもらうのです。

うつ病になって掃除が出来ないと徐々に部屋は汚れていき、やがてはゴミ屋敷になります。

本人もこのままではダメだと思っていても掃除が出来ない自分にますます自己嫌悪のループ。

ちょっとでも「進んでる感」を出すためにも人の力を借りましょう。

手伝ってもらうメリット

  • 気晴らしになる
  • 掃除を分担できる
  • 最悪自分は掃除ができなくてもある程度進む
  • 曲がりなりにも掃除が進めば自信にも繋がる

一人で掃除をするなら1分掃除がオススメ!

手伝ってもらえる人が居なければ自分でできる範囲で掃除をしなければなりません。

そんな時おすすめしたいのが『1分掃除』。

毎日、1分だけ片付けをする1分掃除をしましょう。

1分掃除のコツ

とはいえ、「1分だけってどこをどうすればいいのやら」と悩んでしまうのもまた道理。

コツは『すぐに掃除の効果がありそうなところ』を掃除することです。

例えば

  • テレビやPCをの上のホコリをはたきで取る
  • 落ちているチラシの山をゴミ袋へ
  • 洗面台をメラニンスポンジでそっと拭う

などちょっとした「してやったり感」を感じられるような場所を細切れに掃除していくのです。

日数は掛かりますが徐々に綺麗になって見えなかった床が見えたり歩けるスペースが出来てくると達成感を感じてくるでしょう。

目に見えて分かる成果が自信にも繋がり気持ちも前向きになっていきます。

それに人間「とりあえずちょっとだけ、とはじめるとやる気が出てきて結局全部やっちゃう習性」もあるので、うまくいけば掃除が普通にできてしまうという副産物もあります。

たった1分ですが着実に環境が変わっていくでしょう。

掃除のプロに任せてしまうのも一つの案

人によっては手伝ってくれる人が居なかったり1分も難しい場合があるでしょう。

それでも部屋は汚れていきますよね。

そんな時は思い切って掃除のプロに頼むことも1つの手です。

ハウスクリーニング全国対応・訪問見積り無料・お急ぎ予約OK!【おそうじ本舗】↓
全国47都道府県1,400店舗展開しているハウスクリーニング業者です。
業界店舗数No.1で安心と信頼のサービス実績があります。

業者は掃除のプロなので隅々まで綺麗にしてくれ気持ちよく生活する事ができます。

掃除のプロにお願いして1度、リセットするのも環境の変化には必要なことです。

リセットができたら1分掃除のハードルも下がるでしょう。

なお、「そんなに値段をかけられない」という方にはもう少し敷居の低い「家事代行サービス」もあります。

是非チェックしてみましょう。

【キャットハンド家事代行サービス】
研修を受けたプロのスタッフがお客様のご自宅に伺い、お客様の代わりに普段されている家事(片づけ、掃除、洗濯、等)から窓ふきや靴磨き、庭掃除、アイロン掛け、クリーニングの受取、お料理の作り置きなどを行うサービスです。

エアコンの掃除や洗濯機の分解掃除など、専門的なことを行うハウスクリーニングとは違い日常的な家事全般をお客様に代わって行います。

少しの変化から自身の気持ちの変化に変わる事も少なくないので試してみてはいかがでしょうか。

掃除をすることができないのはうつ病のせい?対策を考えていきましょうのまとめ

うつ病によって掃除が出来ない人でも掃除が出来る方法について紹介しました。

  • 掃除を手伝ってでも進めてみよう
  • 1人の場合は1分掃除がオススメ
  • それでも出来ない時は掃除のプロに頼む

出来る範囲から始めたりプロに任せて掃除をしましょう。

スポンサーリンク